細見美術館 展覧会

開催中の展覧会
当館は常設展を設けず、折々のテーマで企画展を開催いたしております。

神尾勇治コレクション


仙厓と鍋島 ―美と向き合う、美を愉しむ―

会期:2014年10月4日(土) - 12月14日(日)

神尾勇治コレクション 仙厓と鍋島 美と向き合う、美を愉しむ 京都 細見美術館

 臨済宗古月派の僧 仙厓義梵(1750~1837)は、博多・聖福寺の住持を20年勤め、洒脱で飄逸な禅画を多く遺しています。職業絵師とはちがった面白さ溢れる作品は、その魅力故に多くの人々に愛されています。
一方、鍋島は佐賀・鍋島藩の藩窯で、藩主の所用品や贈答用に製造されてきました。洗練・精巧をきわめた華麗な作風は、現代にも伝承されています。 本展では、神尾勇治氏が40年にわたり蒐集された仙厓と鍋島の名品をご紹介します。コレクターの目を鍛え続けてきた、美の緊張感と面白さ。個性豊かな作品の数々をお愉しみください。

 神尾勇治氏のコレクションは、40年以上前、伊万里・柿右衛門・鍋島といったやきものの蒐集に始まりました。その好みは次第に鍋島に傾き、特に「色鍋島」や「鍋島染付」などの優品を多く蒐集されています。
 仙厓の作品と出会って以降は、禅画蒐集にも力を入れられ、白隠、東嶺、遂翁、豪潮等の作品も含めて、禅画コレクションは100点以上。そのうちの8割は仙厓作品で、〈あくび布袋〉の画をはじめとするユニークで親しみやすい作風のものから、風景画まで多岐にわたります。現在では、仙厓と鍋島作品が神尾コレクションの二大柱となっています。

  • 主催

     細見美術館 読売新聞社

  • 後援

     読売テレビ

  • 協力

     株式会社アーテファクトリー

  • 会期

     2014年10月4日(土) - 12月14日(日)

  • 休館日

     毎週月曜日

  • 開館時間

     午前10時~午後6時

    (入館は、午後5時30分まで)

  • 入館料

     一般1100円(1000円)
     学生800円(700円)

     ※( )内は20名以上の団体料金


    団体観覧のご案内


古香庵 茶の湯体験セットプラン
アートキューブ,茶室 古香庵(ここあん)
伊藤若冲 京の文化芸術
【神坂雪佳 『十二ヶ月草花図』より 籬に菊】