細見美術館 展覧会

これからの展覧会1

美しき色、いにしへの裂 ―〈ぎをん齋藤〉と〈染司よしおか〉の挑戦―

2022年7月2日(土)- 8月28日(日)

琳派展22 つながる琳派スピリット 神坂雪佳 京都 細見美術館

 京都の呉服専門店「ぎをん齋藤」七代目当主 齋藤貞一郎氏(1948-2021)と、植物染の「染司 よしおか」五代目当主 吉岡幸雄氏(1946-2019)。

 江戸時代より代々続く染織の家に生まれた二人は、家業を継ぎながらも伝統の枠にとらわれることなく、それぞれのスタイルで美を追求してきました。

 細見美術館ではこれまでにも両者のコレクションや偉業を展観してきましたが、本展では熟練の職人と共に試行錯誤を繰り返して創りあげた、いにしえの色の再現、憧れの技を昇華させた新たな表現と、その過程に焦点を当てていきます。

 美しい色彩や素材へのこだわり、技の継承や職人の育成―さまざまな想いをたどりながら、染織に挑み、染織に魅せられた二人の姿を紹介します。

  • 会期

     2022年7月2日(土)- 8月28日(日)

  • 休館日

     毎週月曜日(祝日の場合、翌火曜日)

  • 開館時間

     午前10時~午後5時

    (入館は午後4時30分まで)

  • 入館料

     一般 1,400円 学生 1,100円

  • 主催

     細見美術館 京都新聞(予定)

  • 特別協力

     ぎをん齋藤 染司よしおか

  • 協力

     紫紅社

アートキューブ,茶室 古香庵(ここうあん)
図録通販 細見美術館
【神坂雪佳 『染織図案 海路』より(部分) 明治35年(1902)刊 細見美術館蔵】