細見美術館 展覧会

今後の展覧会 1

琳派展18

京の琳派 ―美を愉しむ―

会期:2016年 9月10日(土) - 11月6日(日)

琳派展18 京の琳派 京都 細見美術館

このたび当館では光琳没後300年、雪佳生誕150年を記念し、琳派展の18弾として「琳派展18 京の琳派―美を愉しむ―」を開催いたします。細見コレクションによる京琳派の世界をお愉しみください。

江戸初期の京で光悦・宗達が行ったのは、平安の美意識を新たな視点で創作する試み。料紙装飾や物語絵などにみる古典美に新風をもたらしました。
江戸中期の光琳・乾山は、衣・食・住に彩りを添える意匠を次々と提案、雅やかな京のデザインを広く普及させるきっかけを作り、江戸でも活動しました。
江戸後期の芳中は、宗達・光琳の自由な気風に触発され、「たらし込み」を看板に光琳風の画家として活躍、親しみやすい琳派を作り出しました。
さらに近代には、雪佳が工芸図案家として活躍、光悦村に理想を重ね、古典を盛り込んだ温かみのあるデザインを提唱しました。

京の琳派は、生活空間を豊かに彩る身近な美として親しまれてきたため、絵画や工芸といった領域を超え、さまざまなジャンルに応用され、愛され続けています。
本展では、京都で受け継がれた琳派の流れを細見コレクションで紹介し、京の琳派の特徴として「美を愉しむ」姿を読み取っていきます。

  • 会期

     2016年 9月10日(土) - 11月6日(日)

  • 休館日

     毎週月曜日(祝日の場合、翌火曜日)

  • 開館時間

     午前10時~午後6時

    (入館は午後5時30分まで)

  • 入館料

     一般 1,200円(1,100円)
     学生 1,000円(900円)

    ※( )内は20名様以上の団体料金

今後の展覧会 2

驚きの明治工藝

会期:2016年11月12日(土) - 12月25日(日)

驚きの明治工藝 京都 細見美術館
今後の展覧会 3

琳派展19

鈴木其一 ―江戸琳派の旗手―

会期:2017年1月3日(火) - 2月19日(日)

琳派展 鈴木其一 江戸琳派の旗手 京都 細見美術館
今後の展覧会 4

アールヌーヴォーの装飾磁器 ヨーロッパ名窯 美麗革命!

会期:2017年2月28日(火) - 4月9日(日)

アールヌーヴォーの装飾磁器 ヨーロッパ名窯 美麗革命 京都 細見美術館
図録通販 細見美術館
アートキューブ 茶室 古香庵
【伊藤若冲筆 糸瓜群虫図】