細見美術館 展覧会

今後の展覧会 1

ぎをん 齋藤コレクション

布の道標―古裂に宿る技と美―

会期:2017年6月17日(土)- 8月20日(日)

ぎをん 齋藤コレクション 布の道標 古裂に宿る技と美 京都 細見美術館

 2013年に創業170年を迎えた京呉服の老舗 ぎをん 齋藤。7代目、現当主の齋藤貞一郎氏は、染織コレクターとしても知られた存在です。蒐集品に学んで精力的に古典の技法や意匠の復刻に取り組み、その成果を現代のきもの制作に活かされています。

 本展は、中国唐代に遡る貴重な遺品や、民間に流出した正倉院裂としては最大級の発見として近年、話題を呼んだ唐花文錦を筆頭に、中世の綾・錦から近世の辻が花や慶長裂、友禅、そして渡りの更紗まで、東洋染織史を概観できる華麗な染織芸術品の数々を紹介します。

 自らが作り手であり数寄者でもある齋藤氏の、深い憧憬と飽くなき探求心によって集められたコレクションを通して、古裂<こぎれ>に凝らされた技と美、その尽きせぬ魅力にふれていただけることでしょう。

  • 会期

     2017年6月17日(土)- 8月20日(日)

  • 開館時間

     午前10時~午後6時(入館は午後5時半まで)

  • 休館日

     毎週月曜日(祝日の場合、翌火曜日)

  • 入館料

     一般 1,200円(1,100円)
     学生 1,000円(900円)

    ※( )内は20名様以上の団体料金

  • 主催

     細見美術館 京都新聞

  • 特別協力

     ぎをん 齋藤

  • 監修

     河上繁樹氏
     (関西学院大学 教授、関西学院大学博物館 館長)

今後の展覧会 2

細見コレクション名品選

麗しき日本の美

会期:2017年8月26日(土) - 10月9日(月・祝)

細見コレクション名品選 麗しき日本の美 京都 細見美術館
今後の展覧会 3

ウタバーグ夫妻コレクション

蓬莱<HORAI>

会期:2017年10月17日(火) - 12月24日(日)

ウタバーグ夫妻コレクション 蓬莱 HORAI 京都 細見美術館
図録通販 細見美術館
アートキューブ 茶室 古香庵
kotoshirube 京都新聞
トマト倶楽部 京都新聞
【酒井唯一筆 鯉に燕子花図】