細見美術館 展覧会

今後の展覧会 1

開館20周年記念展Ⅱ 細見コレクションの江戸絵画

琳派展20 抱一の花・其一の鳥

会期:2018年3月3日(土)~4月15日(日)

開館20周年記念展Ⅱ 琳派展20 細見コレクションの江戸絵画 抱一の花・其一の鳥 京都 細見美術館

開館20周年記念展について

 開館20周年を記念して行う展覧会では、美術館とともに歩んできた江戸時代絵画を続けてご覧いただき、その豊潤な世界を改めてお伝えしたいと思います。

 第1弾の若冲に続き、第2弾は抱一・其一を中心に江戸琳派総覧です!当館名物の琳派展も20回目を迎える記念の展覧会です。

 皆様に感謝を込めて、細見美術館が贈る美の祝宴をどうぞお楽しみください。

 19世紀前期に江戸で花開いた江戸琳派。酒井抱一(1761~1828)、鈴木其一(1796~1858)らが、京都で育まれた琳派様式を江戸風にアレンジし、大名から庶民まで、多くの人々を魅了しました。

 細見コレクションでは早くから江戸琳派に注目、抱一・其一の代表作をはじめ、ほぼ全ての画家を網羅しています。本展では江戸琳派の優美にして瀟洒な花鳥画を一堂に展示し、今日もなお愛される作風の全容に迫ります。

  • 会期

     2018年3月3日(土)~4月15日(日)

  • 開館時間

     午前10時~午後6時(入館は午後5時半まで)

  • 休館日

     毎週月曜日

  • 入館料

     一般 1,300円(1,200円)
     学生 1,000円(900円)

    ※( )内は20名様以上の団体料金

  • 主催

     細見美術館 京都新聞

  • チケット情報

    チケット情報 開館20周年記念展Ⅱ 琳派展20 細見コレクションの江戸絵画 抱一の花・其一の鳥 京都 細見美術館

今後の展覧会 2

 

永遠の少年、ラルティーグ ―写真は魔法だ!―

会期:2018年4月21日(土)~6月3日(日)

永遠の少年、ラルティーグ  写真は魔法だ! 京都 細見美術館

 2018年は日仏友好160周年、さらには、京都市とパリ市が友情盟約締結60周年を迎えます。この記念すべき年に、当館はフランスの偉大なアマチュア写真家 ジャック=アンリ・ラルティーグの写真展を開催する運びとなりました。 

 本展では、彼の幼年時代から晩年までの代表的な作品に、日本初公開となるカラー作品を含む約160点を通して、写真をたのしみ、過ぎゆく時間や人生の歓びを捕えようとしたラルティーグの世界を紹介します。

  • 会期

     2018年4月21日(土)~6月3日(日)

  • 開館時間

     午前10時~午後6時(入館は午後5時半まで)

  • 休館日

     毎週月曜日(祝日の場合、翌火曜日)

  • 入館料

     一般 1,300円(1,200円)
     学生 1,000円(900円)

    ※( )内は20名様以上の団体料金

  • 後援

     在日フランス大使館
     アンスティチュ・フランセ

  • 特別協力

     ジャック=アンリ・ラルティーグ財団

  • 企画協力

     コンタクト

日仏交流160周年
図録通販 細見美術館
アートキューブ 茶室 古香庵
【伊藤若冲 仔犬に箒図】