細見美術館 展覧会

これからの展覧会1

特別展 初代 志野宗信没後五百年記念

香道 志野流の道統

2023年3月4日(土) - 5月31日(水)

初代 志野宗信没後五百年記念 香道 志野流の道統 京都 細見美術館

 推古天皇3(595)年、淡路島に香木が漂着したことから、日本の香文化の幕が開けます。仏教という宗教儀礼の中で香木は多用され、平安時代には貴族たちがその栄華を香りの調合と和歌に表し、また、遣唐使の廃止による国風文化の勃興と併せ、中国とは別の日本独自の“香の道”を歩み始めます。そして、応仁の乱後、東山慈照寺(銀閣)に於いて、足利八代将軍義政公の同朋衆 志野宗信(しのそうしん 1443-1523)の手によって香道の基礎が作られ、以降現代まで、志野流は500年以上に亘り20人の家元によってその道統を継承されてきました。江戸時代には、京都だけに留まらず、徳川将軍家庇護のもと、全国武家や江戸城大奥、公家、僧侶から市井の人々にいたるまで賞玩され、高雅な芸道として成熟します。

 本展は、室町時代後期に誕生した日本文化の最高峰“香道”を、初代志野宗信から現家元20代幽光斎宗玄まで連綿と守り抜いてきた志野流500年の道統を紹介するものです。細見美術館では、2003年の「香りの美術-貴なるものへの憧れ-」展以来、20年ぶりの“香”の展覧会となります。奇しくも本年は細見美術館開館25周年の節目の年であり、志野流初代志野宗信の500回遠忌を迎える年でもあります。

 この記念すべき年に、香道の歩みを振り返り、貴重な名香と香りにまつわる美術工芸品の数々を展観いたします。

  • 会期

     2023年3月4日(土) - 5月31日(水)

  • 休館日

     毎週月曜日(ただし、5月29日は開館)

  • 入館料

     一般 1,500円
     学生 1,300円

  • 主催

     細見美術館 一般社団法人志野流香道松隠会 京都新聞(予定)

アートキューブ,茶室 古香庵(ここうあん)
図録通販 細見美術館
【神坂雪佳筆 四季草花図屛風 左隻(部分)】