細見古香庵生誕120年記念美の境地

細見古香庵生誕120年記念 美の境地 細見美術館

会期:2021年8月24日(火) - 10月17日(日)

開催概要

  • 開館時間 : 午前10時 - 午後5時(入館は午後4時30分まで)
  • 休館日 : 毎週月曜日(祝日の場合、翌火曜日)
  • 入館料 : 一般 1,300円 学生 1,000円※現在、団体での来館ご予約はお受けできません。(団体割引料金のお取り扱いは中止しております。)
  • ※障がい者の方は、障がい者手帳などのご提示でご優待
    (1,300円→1,200円)
  • 主  催 : 細見美術館 京都新聞

趣旨文

 細見コレクションの礎を築いた初代細見古香庵こと細見良(1901~79)。
 蒐集した美術品は土器にはじまり、仏画、和鏡、密教法具、茶の湯釜、根来、七宝など多岐にわたります。古香庵はこうした蒐集品を茶会やもてなしの場で用いてきました。その独自の美意識は当館の展示スタイルにも大きな影響を与えています。

 本展では生誕 120年を記念し、古香庵が既存の価値観にとらわれず、厳しくもユニークな鑑識眼で蒐集した作品を紹介します。
 中でも、“モノの形の厳しさと甘さ”を学んだ平安時代の「金銅五鈷鈴」などの金工品や、“世界最高の美術品は日本の藤原時代の仏画である”という信念のもと蒐集した「愛染明王像」や「普賢菩薩像」、敬愛した豊臣秀吉を描く「豊公吉野花見図屛風」、茶の湯釜に開眼するきっかけとなった「芦屋霰地楓鹿図真形釜」は、古香庵の美意識の核心をなす作品といえます。

 この機会に、古香庵愛蔵の品々と対峙し、執念のコレクターが至った“美の境地”に触れてみてください。

重要文化財 愛染明王像 平安後期 細見美術館蔵 細見古香庵生誕120年記念 美の境地 京都 細見美術館
重要文化財 愛染明王像 平安時代後期
重要文化財 豊公吉野花見図屛風(左隻) 桃山時代 細見美術館蔵 細見古香庵生誕120年記念 美の境地 京都 細見美術館
重要文化財 豊公吉野花見図屛風(左隻) 桃山時代

細見古香庵について

細見良 Ryo Hosomi

細見良 Ryo Hosomi 初代古香庵

初代古香庵。明治34年、兵庫県美方郡浜坂町栃谷の農家に生まれる。10代で単身大阪に奉公に出た後、毛織物業界に入る。24歳で独立を果たし、30代に事業を拡大。この頃から古美術蒐集を始める。泉大津に邸宅を建てたのを機に、京都・嵯峨 天龍寺の関精拙老大師より“古えの香り充つるゆかしき庵”「古香庵」の号を授る。60歳で事業から引退し、以降、古美術三昧の日々を過ごした。

展覧会の見どころ

  • 初代細見古香庵と茶の湯釜

     30代頃から事業の余暇に美術品の蒐集をはじめ、「古香庵」という号を用いるようになりました。鑑識力ゼロからスタートした古香庵は、当初なんども手痛い失敗を重ねていますが、研究者の先生から美術品の見方などを学び、一つ一つの作品と真摯に向き合って、鑑識眼を磨いていきました。
     さまざまな作品を集めてきた古香庵ですが、中でも「茶の湯釜」の蒐集には大変力をいれていました。多い時には、150点ほどの釜が手元にあり、さらにその全てを使用したと語っています。古香庵はただ蒐集するだけではなく、釜師との交流をもち、釜に合った替え蓋を作らせたりもしています。さらには、研究にも力を入れて、最終的には『茶の湯釜』という著書も遺しています。

    左)古香庵 右)角谷一圭氏 日本美術工芸 244号より転載 細見古香庵生誕120年記念 美の境地 京都 細見美術館
    左)古香庵 右)角谷一圭氏  日本美術工芸 244号より転載
    細見古香庵著『茶の湯釜』(雄山閣) 細見古香庵生誕120年記念 美の境地 京都 細見美術館
    細見古香庵著『茶の湯釜』(雄山閣)

     古香庵が茶の湯釜に開眼したきっかけとなった重要文化財「芦屋霰地楓鹿図真形釜」、もともとは香炉であったものが、その後、釜に改造された重要美術品「十一面観音図香炉釜」など愛蔵の釜を紹介していきます。
     古香庵の釜に対する並々ならぬ愛情を感じていただければと思います。

    重要美術品 十一面観音図香炉釜 細見古香庵生誕120年記念 美の境地 京都 細見美術館
    重要美術品 十一面観音図香炉釜

グッズ

※価格はすべて税込価格です。

    •  細見コレクション 琳派と若冲 京都 細見美術館
      「伊藤若冲 花鳥図押絵貼屛風」ミニセット4,950円
      「細見コレクション×阿以波 琳派団扇」6,380円
      「六兵衛窯 琳派豆皿」各2,970円
      「山田松香木店 防虫香」
      糸瓜群虫図(極品)880円 雪中雄鶏図(上品)660円

イベント

サテライトイベント

展覧会開催にあわせて、よりタラブックスの世界を愉しむための特別イベントが開催されます。

  • トークイベント

    ◼︎「タラブックスと本をつくること」

    有料

    事前申込制

    開催日時:2019年6月28日(金)午後7時~午後9時
    会場:梅田 蔦屋書店 4th Lounge
    登壇者:
    ギータ・ウォルフさん(タラブックス代表)
    齋藤名穂さん(建築家 デザイナー)
    KAILAS(写真家 松岡宏大さん、編集者 野瀬奈津子さん)
    参加費:1,500円(税込)
    お問合せ:梅田 蔦屋書店 4th Lounge

  • ◼︎タラブックスの本づくりを語る at 法然院

    有料

    事前申込制

    開催日時:2019年6月29日(土)午後2時~
    会場:京都 法然院
    お話:ギータ・ウォルフさん(タラブックス代表)通訳付き
    参加費:1,000円(税込)
    お問合せ:細見美術館

    申込方法
    ・TEL(075-752-5555)・FAX(075-752-5955)
    ・美術館受付窓口 ・お申込フォーム
    ※イベント名・参加人数・氏名・ふりがな・ご連絡先(TEL等)をお知らせください。

    注意事項
    ・FAXでお申込みをいただいた方には、追って申込完了のご案内をお送りします。
    ・1週間を過ぎてもご案内が届かない場合は、電話にてお問合せください。

  • ◼︎「インド・タラブックスのゆかいな本づくり」ミニ展示

    観覧無料

    開催日時:2019年7月17日(水)~27日(土)
         午前10時30分~午後8時30分
    会場:ラクエ四条烏丸 2F・3F イベントスペース

    詳しくはこちらをご覧ください

  • トークイベント

    ◼︎タラブックスの絵本『ロンドン・ジャングルブック』ができるまで

    有料

    事前申込制

    開催日時:2019年7月27日(土) 午後2時~午後3時30分
    会場:ラクエ四条烏丸 3F ABCクッキングスタジオ
       イベントスペース「ABCグラウンド」
    登壇者:中岡祐介さん(三輪舎代表)、矢萩多聞さん(装丁家)
    参加費:500円(税込)(チャーイ、グリーティングカード付き)
    定員:50名 ※定員になり次第終了
    イベント詳細・お申込み:http://laque.jp/news_event/tarabooks.html

  • トークイベント

    ◼︎タラブックスとの出会いから生まれた本
    「『南インド キッチンの旅』をめぐって」

    有料

    事前申込制

    開催日時:2019年8月1日(木)午後7時~
    会場:誠光社
    登壇者:齋藤名穂さん(著者)、堀部篤史さん(誠光社店主)
    参加費:1,500円(税込)+1ドリンクオーダー
    お問合せ:誠光社 s-contact@seikosha-books.com

  • 京都国立近代美術館・細見美術館 相互優待のご案内

    京都国立近代美術館の観覧券をご提示頂けますと、団体料金にてご入館頂けます。
    また、細見美術館の入館シールまたは友の会メンバーズカードを京都国立近代美術館にてご提示頂ければ、京都国立近代美術館で開催中の展覧会を割引料金にてご観覧頂けます。

    ※ 事前にホームページ等で最新情報をご確認の上お出かけください。
    ※ 展覧会によっては、優待が適用されない場合がございます。詳しくは各窓口までお問合せ下さい。
  • 京都市京セラ美術館・細見美術館
    相互優待のご案内

    京都市京セラ美術館の観覧券をご提示頂けますと、団体料金にてご入館頂けます。
    また、細見美術館の入館シールまたは友の会メンバーズカードを京都市京セラ美術館にてご提示頂ければ、京都市京セラ美術館で開催中の展覧会を割引料金にてご観覧頂けます。

    ※ 事前にホームページ等で最新情報をご確認の上お出かけください。
    ※ 展覧会によっては、優待が適用されない場合がございます。詳しくは各窓口までお問合せ下さい。

EXHIBITION INDEX

展覧会チラシ

細見古香庵 生誕120年記念 美の境地 展覧会チラシ 京都 細見美術館

関連書籍

吉岡幸雄の色 百話 男たちの色彩 日本の色 -吉岡幸雄の仕事と蒐集- 京都 細見美術館
吉岡幸雄の色 百話
男たちの色彩
価格:¥3,630(税込)

会期中のイベント