特別展日本の色-吉岡幸雄の仕事と蒐集-

特別展 日本の色-吉岡幸雄の仕事と蒐集- 細見美術館

会期:2021年1月5日(火)- 4月11日(日)
【前期】1月5日(火)- 2月21日(日) 【後期】2月23日(火)- 4月11日(日)

開催概要

  • 開館時間 : 午前10時 - 午後5時(入館は午後4時30分まで)
  • 休館日 : 毎週月曜日 (祝日の場合、翌日)
  • 入館料 : 一般 1,400円 学生 1,100円※現在、団体での来館ご予約はお受けできません。(団体割引料金のお取り扱いは中止しております。)
  • ※障がい者の方は、障がい者手帳などのご提示でご優待
    (1,400円→1,300円)
  • 主  催 : 染司よしおか 細見美術館 京都新聞
  • 特別協力 : 紫紅社
  • 監  修 : 河上繁樹氏(関西学院大学 教授)

趣旨文

 本展覧会は、昨秋、急逝した染織史家・吉岡幸雄を追悼し、その業績を回顧する没後初の展覧会です。

 吉岡幸雄は、京都で江戸時代から続く染色工房の五代目当主であり、染織史家でもありました。吉岡は古来の文献をひもとき、伝世の染織遺品をはじめ古今東西の美術工芸を研究して伝統の色彩を求めました。各地に伝わる染料・素材・技術を訪ねて、その保存と復興に努め、社寺の祭祀、古典文学などにみる色彩や装束の再現・復元にも力を尽くしました。

 本展では、吉岡幸雄の美への憧憬と本質を見極める眼、そしてあくなき探求心によって成し遂げられた仕事と蒐集の軌跡を紹介します。

作家プロフィール

吉岡幸雄 Sachio Yoshioka

吉岡幸雄 Sachio Yoshioka

昭和21年、京都市生まれ。昭和48年、図書出版「紫紅社」を設立。美術工芸の雑誌・全集・豪華本などを編集・出版。CM制作、美術展覧会の企画にも携わる。昭和63年、生家「染司よしおか」五代目当主を嗣ぐ。平成3~5年、薬師寺三蔵院の幡、薬師寺「玄奘三蔵会大祭」の伎楽装束、東大寺の伎楽装束を制作。平成20年、源氏物語の色五十四帖を再現。平成21年、京都府文化賞功労賞受賞。平成 22年、菊池寛賞受賞、平成24年、NHK放送文化賞受賞。令和元年9月、出張講演先にて急逝。

主な著書:『日本の色辞典』・『源氏物語の色辞典』・『王朝のかさね色辞典』(紫紅社刊)、『千年の色 古き日本の美しさ』(PHP 研究所)など多数。

展示構成

  • 1 日本における

    若冲コレクターの先駆け

     細見家の若冲蒐集は50年ほど前、海外に比べて日本の蒐集家たちの間では若冲があまり注目されていなかった時期に始まりました。初期の著色画から最晩年の水墨画までを概観できるコレクションとなっています。

    伊藤若冲 花鳥図押絵貼屛風 江戸中期 紙本墨画 6曲1双 細見コレクション 琳派と若冲 京都 細見美術館
    伊藤若冲 花鳥図押絵貼屛風
    江戸中期 紙本墨画 6曲1双

     若冲の水墨画の中でも比較的早い40代の作。勢いに富む濃墨の線描、淡墨の滲みを活かした面の連なりなど、さまざまな技法を試みていることが読み取れます。


  • 2 琳派を慕い続けて

     「琳派美術館」の異名を持つように、350年にわたる琳派の系譜を総覧できる充実したコレクション。特に抱一に始まる江戸琳派、芳中や雪佳といった画家たちに早くから着目し、他にはない琳派コレクションを形成しています。

    酒井抱一 鹿楓図団扇 江戸後期 紙本金地著色 1柄 細見コレクション 琳派と若冲 京都 細見美術館
    酒井抱一 鹿楓図団扇
    江戸後期 紙本金地著色 1柄

     鹿の華奢な姿は、琳派で好まれた図様。楓は、「たらし込み」を用いて幹の微妙な色合いを表し、表裏とも琳派様式を強く意識した作品となっています。


  • 3 数寄者の心を(くすぐ)る独創的な器

     革新的なやきもの・桃山陶芸は、豊かな表現力と自由な気風で多くの蒐集家たちを惹きつけてきました。細見家でもおもてなしの場で用いられ、様々な作品とともに取り合わせて部屋を飾り、客人とともに楽しんできました。

    織部千鳥文手付四方鉢 桃山時代 施釉陶器 1口 細見コレクション 琳派と若冲 京都 細見美術館
    織部千鳥文手付四方鉢
    桃山時代 施釉陶器 1口

     余白を活かした穏やかな表情を持つ器。織部特有の緑釉が対角線状に配され、端に愛らしい千鳥が二羽描かれており、中央の曲線は山や波に見立てることもできます。


グッズ

※価格はすべて税込価格です。

    •  細見コレクション 琳派と若冲 京都 細見美術館
      「伊藤若冲 花鳥図押絵貼屛風」ミニセット4,950円
      「細見コレクション×阿以波 琳派団扇」6,380円
      「六兵衛窯 琳派豆皿」各2,970円
      「山田松香木店 防虫香」
      糸瓜群虫図(極品)880円 雪中雄鶏図(上品)660円

関連イベント

サテライトイベント

展覧会開催にあわせて、よりタラブックスの世界を愉しむための特別イベントが開催されます。

  • トークイベント

    ◼︎「タラブックスと本をつくること」

    有料

    事前申込制

    開催日時:2019年6月28日(金)午後7時~午後9時
    会場:梅田 蔦屋書店 4th Lounge
    登壇者:
    ギータ・ウォルフさん(タラブックス代表)
    齋藤名穂さん(建築家 デザイナー)
    KAILAS(写真家 松岡宏大さん、編集者 野瀬奈津子さん)
    参加費:1,500円(税込)
    お問合せ:梅田 蔦屋書店 4th Lounge

  • ◼︎タラブックスの本づくりを語る at 法然院

    有料

    事前申込制

    開催日時:2019年6月29日(土)午後2時~
    会場:京都 法然院
    お話:ギータ・ウォルフさん(タラブックス代表)通訳付き
    参加費:1,000円(税込)
    お問合せ:細見美術館

    申込方法
    ・TEL(075-752-5555)・FAX(075-752-5955)
    ・美術館受付窓口 ・お申込フォーム
    ※イベント名・参加人数・氏名・ふりがな・ご連絡先(TEL等)をお知らせください。

    注意事項
    ・FAXでお申込みをいただいた方には、追って申込完了のご案内をお送りします。
    ・1週間を過ぎてもご案内が届かない場合は、電話にてお問合せください。

  • ◼︎「インド・タラブックスのゆかいな本づくり」ミニ展示

    観覧無料

    開催日時:2019年7月17日(水)~27日(土)
         午前10時30分~午後8時30分
    会場:ラクエ四条烏丸 2F・3F イベントスペース

    詳しくはこちらをご覧ください

  • トークイベント

    ◼︎タラブックスの絵本『ロンドン・ジャングルブック』ができるまで

    有料

    事前申込制

    開催日時:2019年7月27日(土) 午後2時~午後3時30分
    会場:ラクエ四条烏丸 3F ABCクッキングスタジオ
       イベントスペース「ABCグラウンド」
    登壇者:中岡祐介さん(三輪舎代表)、矢萩多聞さん(装丁家)
    参加費:500円(税込)(チャーイ、グリーティングカード付き)
    定員:50名 ※定員になり次第終了
    イベント詳細・お申込み:http://laque.jp/news_event/tarabooks.html

  • トークイベント

    ◼︎タラブックスとの出会いから生まれた本
    「『南インド キッチンの旅』をめぐって」

    有料

    事前申込制

    開催日時:2019年8月1日(木)午後7時~
    会場:誠光社
    登壇者:齋藤名穂さん(著者)、堀部篤史さん(誠光社店主)
    参加費:1,500円(税込)+1ドリンクオーダー
    お問合せ:誠光社 s-contact@seikosha-books.com

  • 京都国立近代美術館・細見美術館 相互優待のご案内

    京都国立近代美術館の観覧券をご提示頂けますと、団体料金にてご入館頂けます。
    また、細見美術館の入館シールまたは友の会メンバーズカードを京都国立近代美術館にてご提示頂ければ、京都国立近代美術館で開催中の展覧会を割引料金にてご観覧頂けます。

    ※ 事前にホームページ等で最新情報をご確認の上お出かけください。
    ※ 展覧会によっては、優待が適用されない場合がございます。詳しくは各窓口までお問合せ下さい。
  • 京都市京セラ美術館・細見美術館
    相互優待のご案内

    京都市京セラ美術館の観覧券をご提示頂けますと、団体料金にてご入館頂けます。
    また、細見美術館の入館シールまたは友の会メンバーズカードを京都市京セラ美術館にてご提示頂ければ、京都市京セラ美術館で開催中の展覧会を割引料金にてご観覧頂けます。

    ※ 事前にホームページ等で最新情報をご確認の上お出かけください。
    ※ 展覧会によっては、優待が適用されない場合がございます。詳しくは各窓口までお問合せ下さい。