石本藤雄展 マリメッコの花から陶の実へ-琳派との対話-

石本藤雄展 マリメッコの花から陶の実へ 琳派との対話 京都 細見美術館

会期:2019年3月9日(土)- 4月21日(日)

共通サイト http://www.fujiwo-ishimoto.com/

開催概要

  • 開館時間 : 午前10時 - 午後6時(入館は午後5時30分まで)
  • 休館日 : 月曜日
  • 入館料 : 一般 1,300円(1,200円) 学生 900円(800円)※( )内は20名以上の団体料金
  • ※障がい者の方は、障がい者手帳などのご提示で団体料金にご優待
  • 主 催 : 細見美術館
    後 援: フィンランド大使館 フィンランドセンター
    特別協力: マリメッコ
    企画協力 : スパイラル 株式会社ワコールアートセンター
    会場デザイン : NINO inc
    グラフィックデザイン : 株式会社テツシンデザイン

[ イベントの詳細は、近日公開予定です。]

趣旨文

 石本藤雄は、世界中に多くのファンをもつフィンランドのライフスタイルブランド<マリメッコ>のテキスタイルデザイナーとして、32年間で400点を超えるテキスタイルデザインを生み出したのち、フィンランドの老舗陶器メーカー<アラビア>のアート部門に所属、77歳を迎えた現在も陶芸家として数多くの作品を生み出しています。2011年にはフィンランドの芸術家に贈られてきた最高位の勲章、[フィンランド獅子勲章プロ・フィンランディア・メダル]を受賞するなど、フィンランドデザインの礎を築いた一人といっても過言ではありません。

 細見美術館では2019年春、テキスタイルデザイナー、陶芸家の石本藤雄の原点と、新たな作品を紹介する展覧会を開催します。本展では、細見コレクションの主軸である「琳派」との競演が見どころとなっています。デザイナー、アーティストとして活躍し、人々の心を豊かに彩る石本と、京都で育まれ、身のまわりを美しく飾る意匠を生み出した琳派との時空を超えた新たな出会いをお楽しみください。ファブリックのデザイナーから陶のアーティストとして活躍する石本の作品世界を堪能できる、京都では初めての展覧会となります。

  • 京都国立近代美術館・細見美術館 相互優待のご案内

    京都国立近代美術館の観覧券をご提示頂けますと、団体料金にてご入館頂けます。
    また、細見美術館の入館シールまたは友の会メンバーズカードを京都国立近代美術館にてご提示頂ければ、京都国立近代美術館で開催中の展覧会を割引料金にてご観覧頂けます。

    ※ 展覧会によっては、優待が適用されない場合がございます。詳しくは各窓口までお問合せ下さい。
  • 京都市美術館・細見美術館 相互優待のご案内

    京都市美術館の観覧券をご提示頂けますと、団体料金にてご入館頂けます。
    また、細見美術館の入館シールまたは友の会メンバーズカードを京都市美術館にてご提示頂ければ、京都市美術館で開催中の展覧会を割引料金にてご観覧頂けます。

    ※ 展覧会によっては、優待が適用されない場合がございます。詳しくは各窓口までお問合せ下さい。 ※ 2017年4月から京都市美術館本館は休館となり、別館のみ開館しています。

EXHIBITION INDEX

展覧会チラシ(PDF)

展覧会チラシ 細見美術館
.content_pdf,.content_zuroku

展覧会関連図録

図録
永遠の少年、ラルティーグ
―写真は魔法だ!―
完売しました
定価:2,484円(税込)

会期中のイベント