春画展

春画展 細見美術館

会期:2016年2月6日(土) - 4月10日(日)【前期】2月6日(土) - 3月6日(日) / 【後期】3月8日(火) - 4月10日(日)

開催概要

  • 開館時間:午前10時 - 午後6時※3月18日以降の金・土曜日は午後8時まで開館
    (入館は閉館の60分前まで)
  • 休館日:月曜日(3月21日は開館)
  • 入館料:一般 1,500円(前売:1300円) (団体・学生・シルバー・障害者割引きはございません)
  • 主催:
    細見美術館 春画展日本開催実行委員会
  • 共催:京都新聞
  • 特別後援:
    国際浮世絵学会、国際日本文化研究センター、
    美術史学会、立命館大学アート・リサーチセンター
  • 後援:朝日新聞社、産経新聞社、毎日新聞社、MBS
  • 協力:佐川印刷、 凸版印刷、日本通運

主旨文

 春画は江戸時代には笑い絵とも呼ばれ、性的な事柄と笑いが同居した芸術性の高い肉筆画や浮世絵版画の総称です。特に欧米では、19世紀末ジャポニスム時代以降、高い評価を得てきました。近年では、2013年から2014年にかけて大英博物館で開催された「春画 日本美術の性とたのしみ」展が大きな話題を呼びました。

 このたび、東京の永青文庫で昨年、開催された日本初の「春画展」が京都に巡回するはこびとなりました。デンマークのコレクターをはじめ、日本の美術館・研究所や個人が秘蔵する鈴木春信、鳥居清長、喜多川歌麿、葛飾北斎といった浮世絵の大家による「春画の名品」が勢揃いします。

 さらに、京都の西川祐信や大坂の月岡雪鼎の作品を通して、上方ならではの春画の魅力に迫り、狩野派や土佐派・住吉派と春画との関係もさぐります。大名から庶民にまで広く愛された肉筆と浮世絵が一堂に揃うまたとないこの機会に、ぜひ「春画の魅力」をご堪能ください。

会期中のイベント

EXHIBITION INDEX

展覧会チラシ(PDF)

展覧会チラシ 春画展 細見美術館